〒358-0011
埼玉県入間市
下藤沢413-1

TEL 04-2964-8211
FAX 04-2964-8707
 


食わず嫌いのための解体新書シリーズ第1弾

 決算書なんか見てもわからないから見ないという経営者の方のために簡単な図を作成することにより、経営会計資料をイメージとして把握できるようになっていただくことを目的に今回からスタートしました『食わず嫌い のための解体新書シリーズ』。
今回は、外部報告資料としてよく企業が作成する財務3表にスポットを当ててみました。

初めに財務3表とは、
@損益計算書(Profit and Loss Statement 略してPLと言います。)
 会社が会計期間内にどの程度の利益を稼ぐことができたかを示すもの。
A貸借対照表(Balance Sheet 略してBSと言います。)
 決算日時点でどのような財産(資産、負債)を保有しているか、
 勘定科目と金額を用いて表示するもの。
Bキャッシュフロー計算書(Cash Flow Statement 略してCSと言います。)
 資金がどのような要因で増減したかを算出するもの。

 以上3つの財務諸表のことをいいます。

 

  まず損益計算書を図にすると、
 
 
  ☆損益計算書をみるときのポイント
  @前年度との比較
前年度との比較により売上高、利益の伸びがどの程度なのかをみて、企業の成長性を判断します。

A売上高の大きさ
売上高の大きさは企業の大きさでもあります。ただし、貸借対照表の総資産との割合で効率性を考慮しなければなりません。

B営業利益の大きさと比率
売上高と売上原価の関係は事業の市場での強さを示し、企業の収益性を表します。

C当期純利益の大きさと比率
特別損益や法人税等を差し引いた純利益は、翌期以降への再投資の源泉になるものであり、最終の収益性をみるものです。

D営業利益と当期純利益との差額が大きい場合、特別損益の内容に注意しなければなりません。
通常の事業取引とは異なる臨時的な取引により特別損益は発生しますが、事業の構造改革で損失を計上したり、含み益のある資産を売却して利益を計上したりと、企業の戦略が現れます。

 
 次に貸借対照表を図にすると、
 
  ☆貸借対照表をみるときのポイント
  @株主資本比率をみる
 資本金や剰余金の総資産に占める割合が、企業の安全性を表します。
A有利子負債の比率をみる
 有利子負債である短期借入金・長期借入金の総額がどの程度あるのかをみる。
B運転資金をみる
 流動資産と流動負債の比率をみて、流動資産>流動負債という状態であれば資金繰り
 にゆとりのある状態である。


  最後にキャッシュフロー計算書を図にすると、

 
  ☆キャッシュフロー計算書をみるときのポイント
  事業活動で『営業キャッシュフロー』を生み出し、将来に向けて『投資キャッシュフロー』を使い、その差額を『財務キャッシュフロー』で調整します。

というように財務3表を簡単な図にしてみました。どうでしょうか?図だと思えば少し見る気になりませんか。これを機会に決算書と向き合っていただければ幸いです。

次回は、当事務所で日頃から図式化して作成している会計資料にスポットを当ててみたいと思います。

   
参考文献

『超高速・会計勉強法』 著者 國貞克則
『経理部長が新人のために書いた経理の仕事がわかる本 著者 近藤仁